東芝が電子書籍のPC用ストアを開設、店舗書店との連携も構築

デジタル生活 パソコン

「ブックプレイス クラウドイノベーション」PC用ストア
  • 「ブックプレイス クラウドイノベーション」PC用ストア
  • 東芝 電子書籍リーダー「BookPlace MONO」
 東芝は20日、電子書籍サービス「ブックプレイス クラウドイノベーション(BookPlace Cloud Innovations)」のPC用ストアの提供を開始した。

 「ブックプレイス」は、東芝が4月に開始した電子書籍サービス。オンラインを通じた書籍コンテンツ購入に加えて、旭屋書店、ダイレクトショップ、戸田書店、リブロ、有隣堂の5つの書店チェーンとの提携を皮切りに、書店および各種小売店舗等との提携を進めることによって、読者が近隣の店舗で電子書籍に触れ、書籍コンテンツを購入できるしくみを構築している。今年夏には約10万冊になる見込み。

 同社の電子書籍リーダー「ブックプレイス モノ(BookPlace MONO)」、Android搭載のタブレットやスマートフォン、iPhone、iPadなどを対象にサービスを提供していたが、今回、PC用ストアを開設した。スマートフォン・タブレット向けのストアと比較して、表示情報量の多さ、検索のしやすさ、操作性の良さを生かしたサイトとなっている。

東芝、電子書籍サービス「ブックプレイス」PC用ストアを開設

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)