京阪電車と富士急行が初のコラボ、きかんしゃトーマスのスタンプラリー

趣味・娯楽 その他

「京阪電車×富士急行線 きかんしゃトーマスとなかまたちスタンプラリー」ロゴ
  • 「京阪電車×富士急行線 きかんしゃトーマスとなかまたちスタンプラリー」ロゴ
  • オリジナルサンバイザーの例(京阪線賞)
  • 京阪電車×富士急行線 きかんしゃトーマスとなかまたち エクスプレスBOX
  • エクスプレスBOX の中身
 京阪電車と富士急行は、7月20日から両社初のとなる連携スタンプラリー「京阪電車×富士急行線きかんしゃトーマスとなかまたちスタンプラリー」を開始する。コースは、京阪線、大津線、富士急行線、富士急ハイランドの4つなっており、それぞれラッピング電車などが運行されている。

 両社は「きかんしゃトーマスとなかまたち」にゆかりが深く、京阪電車では、2006年に初めて「きかんしゃトーマスとなかまたち」のラッピング電車を運転し、現在は6回目となる「京阪電車きかんしゃトーマスとなかまたち2013」にて、ラッピング電車の運転などを行っているとう。一方、富士急行では、1998年から「きかんしゃトーマスとなかまたち」のラッピング電車「トーマスランド号」の運転を開始するとともに、同年7月から富士急ハイランドにて、きかんしゃトーマスの屋外型テーマパーク「トーマスランド」を営業している。

 スタンプラリーでは、京阪線、大津線、富士急行線、富士急ハイランドの4コースを設定。各コースを達成した人には、それぞれデザインの異なるオリジナルサンバイザーをプレゼントするほか、京阪電車と富士急行線の両方でラリーを達成した人へは2社達成賞として、オリジナルキラキラ缶バッジを贈呈するという。

 また、8月10日から、両社初の共同企画となるオリジナルグッズ「エクスプレスBOX」の発売も開始。「エクスプレスBOX」は、プルバック式で走る樹脂製の電車型玩具で、中にはラムネとラッピング電車のシールが入っているという。「京阪電車10000系きかんしゃトーマス号2013」「京阪電車700形きかんしゃトーマス号2013」「富士急行線トーマスランド号」の3種類をラインナップするようだ。

◆京阪電車×富士急行線 きかんしゃトーマスとなかまたちスタンプラリー
期間:2013年7月20日(土)~2014年1月13日(月・祝)
対象:小学生以下(小学生未満は保護者同伴)
ラリー用紙設置場所:京阪線各駅、大津線各駅(御陵、大谷、南滋賀、滋賀里、穴太、松ノ馬場の各駅を除く)、叡山電車鞍馬駅、京阪バス各営業所・案内所(洛南営業所、京都駅烏丸口案内所、三条出札所除く)、ひらかたパーク団体受付、琵琶湖汽船大津港、富士急行線 大月駅、富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅、富士急ハイランド内トーマスランド
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)