7月中旬の猛暑、一番夏バテしたのはどのエリア?

生活・健康

夏バテエリアランキング
  • 夏バテエリアランキング
  • 都道府県別の夏バテランキング
 7月中旬の夏バテランキングは、1位「四国」、2位「近畿」、3位「沖縄」、4位「関東」となったことが、ウェザーニューズが7月22日に発表した「夏バテ」に関する調査より明らかになった。

 同社は、7月中旬に日本列島を襲った猛暑がどのように人々に影響したのか、全国のウェザーリポーター協力のもと、「夏バテ」に関する調査を実施。同調査は、連日猛暑が続いていた7月13日(土)に寄せられた全国19,258人のウェザーリポーターの体感データと7月6日(土)~7月13日(土)の期間に計測された気象観測システム「ソラテナ」の気温解析データを基にまとめたもの。

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内のウェザーリポーターに、今の夏バテ具合について「もうバテた」「そろそろバテそう」「まだ大丈夫」の3つの選択肢から選んで解答してもらい、夏バテ率についてエリア別にランキング化したところ、1位「四国」69.0%、2位「近畿」62.2%、3位「沖縄」59.9%、4位「関東」58.4%となった。四国は最高気温(平均)が34.5度と、関東の35.0度や関西の35.3度に比べて気温が高くないのにも関わらず、もっとも夏バテしている。このことから、四国の人は暑さに弱い傾向にあるようだ。

 また、都道府県別の夏バテランキングによると、1位「愛媛」、2位「高知」、3位「富山」、4位「香川」と、ベスト4に四国が3県ランクイン。なお、徳島は9位であった。

 一方、気象予測システム「ソラテナ」の気温解析データによると、最高気温(平均)がもっとも高い都道府県は、1位「埼玉」37.2度、2位「愛知」36.7度、3位「東京」36.5度、4位「京都」36.4度となった。一番暑い埼玉県は、夏バテランキング23位であることから、埼玉県の人は暑さに強い傾向にあるようだ。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)