マイクロソフト、教育機関向けタブレット値下げ期間延長

 日本マイクロソフトは8月1日、教育機関を対象とした「Surface RT導入検証プログラム」申込期間を9月30日(月)まで延長すると発表した。7月10日より定価49,800円のタブレットを19,800円で提供している。

教育ICT モバイル

プログラムの期間延長
  • プログラムの期間延長
  • プログラムの案内
 日本マイクロソフトは8月1日、教育機関を対象とした「Surface RT導入検証プログラム」申込期間を9月30日(月)まで延長すると発表した。7月10日より定価49,800円のタブレットを19,800円で提供している。

 教育機関のタブレット端末導入が増加していることを受け、同社は教育機関を対象とした「Surface RT導入検証プログラム」を実施。好評につき、申込期間を9月30日まで延長する。7月10日の受付開始以降、すでに200校以上の教育機関からの申込みと、それを上回る問い合わせがあったという。

 対象となる製品と価格は、「Surface RT(32GB)」が19,800円(定価:49,800円)、「Surface RT(32GB)タッチキーボードカバー付き」が24,980円(同57,800円)、「Surface RT(32GB)タイプキーボードカバー付き」27,980円(同60,780円)。最大32,820円の値下げとなる。1台から注文でき、送料は無料。

 対象製品を特別価格で購入するには、教育機関向けSurface RT導入検証プログラムのオーダーフォームをダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXかEメールで申込む。ただし、マイクロソフトが定義する適格教育ユーザーに限る。申込から納品までの期間はおおよそ4週間。

 なお、8月12日(月)~8月16日(金)まで、教育機関向けSurface RT 導入検証プログラム事務局は夏季休業のため、8月19日(月)以降に順次対応するとしている。オーダーフォームは休業中も受け付ける。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)