暮らし向き、インドが「良い」ロシアが「悪い」と実感...日経リサーチ

生活・健康

暮らし向きDI
  • 暮らし向きDI
  • 日経リサーチのホームページ
 日経リサーチは、アジアを中心とした世界8か国の国民20~59歳の男女約200人を対象に、生活実感を尋ねる「世界暮らし向きDI」調査を開始した。調査はインターネットで、3か月に1回実施する。

 同調査は米国、英国、中国、インド、マレーシア、タイ、ブラジル、ロシアの8か国の現在と3か月後の暮らし向きを聞くもので、「暮らし向きがよい(よくなる)」と回答した割合から、「悪い(悪くなる)」と回答した割合を引いた結果が「暮らし向きDI(指数)」となる。

 7月3日から7月16日に実施した第1回の調査では、現在の暮らし向きについてはインドの指数83がトップ。ほかにもブラジル77、中国73といったBRICs3か国と、マレーシアが76と高い指数を示した。また、先進国の米国・英国もこれに続く指数となった。一方、同じBRICsでも、ロシアはもっとも低い34となり、明暗が分かれた。

 また、3か月後の暮らし向きが良くなるかについては、ブラジルの81がトップ。英国は15と、他国と比べても大幅に低い数値となり、かなり悲観的に考えていることがわかった。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)