読売新聞主催の学生英語プレゼンコンクール、文部科学大臣賞は奨学金50万円

 神田外語グループと読売新聞社は、大学生・大学院生などを対象とした「第2回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(プレコン)」を11月16日に開催、参加者を募集している。

教育・受験 その他
第2回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(webサイト)
  • 第2回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(webサイト)
  • 第1回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(昨年の様子)
  • 第1回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(昨年の様子)
  • 第1回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(昨年の様子)
  • 第1回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(昨年の様子)
  • 第1回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(昨年の様子)
 神田外語グループと読売新聞社は、大学生・大学院生などを対象とした「第2回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(プレコン)」を11月16日に開催、参加者を募集している。

 プレコンは、英語表現力、論理的思考力、そしてプレゼンテーション能力の向上に取り組むことによる就業力の育成、また、大学間の親睦・交流を図ることを目的として開催される。対象者は大学生、大学院生、短期大学生、高等専門学校生、専門学校生で、英語を母語とする者、および英語圏就学経験(留学経験も含む)が1年を超える者などは対象外となる。競技は「個人の部」と「グループの部」の2部構成で、「個人の部」では1名、「グループの部」では3名1単位となる。

 今回のプレゼンテーションテーマは、「NYに観光PR拠点!アンテナショップ企画を考案」「世界中のバイヤーに日本が誇る農産品をアピール!」「宇宙ステーション”きぼう”夢ある活用方法をNASAに提案!」の3つ。参加希望者はテーマを1つ選択し、本番で発表予定のプレゼンテーション内容を4分にまとめ、英語で話したものを録画し、応募フォームから送信する。応募締切は個人の部が10月7日、グループの部が10月15日となっている。

 応募データを元に1次選考が行われ、11月1日に大会参加者を発表、2次予選および本選を11月16日に都内会場で開催する。2次予選・本選では、10分を制限時間として、英語によるプレゼンテーションを行い、「内容」「構成」「口頭発表力」「質疑応答」「説得力」の各項目を審査し、優秀な個人またはグループを表彰する。個人・グループを含めた最優秀賞1名(組)には、文部科学大臣賞と奨学金50万円などが贈られるという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)