魅力的な市区町村1位は「京都市」…都道府県では北海道が5年連続1位

生活・健康

市区町村の魅力度ランキング(トップ10)
  • 市区町村の魅力度ランキング(トップ10)
  • 都道府県の魅力度ランキング(トップ10)
  • 富士山周辺の自治体の結果
  • 遷宮関連地域の結果
  • 都道府県の魅力度ランキング(1位~47位)
  • 市町村の魅力度ランキング(1位~25位)
  • 主要な評価項目の上位ランキング(47都道府県)
  • 主要な評価項目の上位ランキング(1,000市区町村)
 ブランド総合研究所は9月26日、国内1,000の市区町村および47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全72項目からなる調査「地域ブランド調査2013」を発表した。市区町村1位は「京都市」、都道府県1位は「北海道」がランクインした。

 同調査は、ブランド総合研究所が年1回実施しており、2006年にスタートして今回が8回目となる。調査対象は、全国の789市と東京23区、地域ブランドへの取組みに熱心な188町村の計1,000市区町村、および47都道府県。認知、魅力、情報接触、観光意欲、居住意欲など計72項目から、地域のブランド力を数値化した。2013年7月1日~29日にインターネット調査を実施し、全国の20代~60代の消費者2万9,651人の回答を得た。

 市区町村の魅力度ランキングは、1位「京都市」53.8点、2位「函館市」53.4点、3位「札幌市」52.1点、4位「横浜市」48.0点、5位「富良野市」46.8点となった。京都市は調査以来初の1位。前年まで3年連続1位だった札幌市は今回3位となり、2位は前年3位の函館市となった。

 今年6月に富士山が世界文化遺産に登録されたことで、富士吉田市や富士市は情報接触度と魅力度、観光意欲度が大幅に上昇した。また、今年遷宮を迎えた伊勢神宮と出雲大社のお膝元である伊勢市と出雲市では、観光意欲度やまちのイメージが高まる結果となった。

 都道府県の魅力度ランキングは、1位「北海道」65.3点、2位「京都府」49.1点、3位「沖縄県」44.3点、4位「東京都」40.6点、5位「神奈川県」29.1点となった。北海道は、2009年に都道府県のランキングを開始して以来、5年連続1位となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)