【高校受験2014】新潟県公立高校入学者選抜要項公表…全日制定員160人減

 新潟県教育委員会は10月29日、平成26(2014)年度の公立高校の入学者選抜要項について公表した。募集人員は全日制77校で1万6,180人となり、昨年度より160人減員した。一般選抜の学力検査は3月11日、合格発表は3月13日。

教育・受験 受験
平成26年度の入学者選抜の日程
  • 平成26年度の入学者選抜の日程
  • 公立高校の募集人員
  • 学校・学科ごとの募集人数と選抜方法
  • 学校・学科ごとの募集人数と選抜方法
  • 学校・学科ごとの募集人数と選抜方法
  • 学校・学科ごとの募集人数と選抜方法
 新潟県教育委員会は10月29日、平成26(2014)年度の公立高校の入学者選抜要項について公表した。募集人員は全日制77校で1万6,180人となり、昨年度より160人減員した。一般選抜の学力検査は3月11日、合格発表は3月13日。

 同県の平成26年度3月の中学校卒業見込み者は2万2,265人で、昨年度より82人減少。これにより、公立高校の募集人員は昨年度より4学級減の405学級、160人減の1万6,180人。定時制は昨年度からの増減はなく、7校24学級845人。

 募集学級(1学級)を増やした全日制高校は、新発田高校、新発田商業高校、阿賀野高校、五泉高校、新潟北高校、新潟向陽高校、巻総合高校、吉田高校、佐渡総合高校の9校。減らした(1学級)全日制高校は、西新発田高校、小千谷高校、小出高校、六日町高校、八海高校、塩沢商工高校、十日町高校、柏崎高校、安塚高校の9校。

 また、全日制の西川竹園高校普通科、生活文化科は巻総合高校と統合され、相川高校普通科は佐渡高校と統合し定時制普通科の相川分校となるため、それぞれ募集を停止する。定時制では高田南城高高校普通科を募集停止する。

 一般推薦、特別推薦の推薦選抜の検査は2月12日、合格内定通知日は2月18日。一般選抜の学力検査日は3月11日、合格発表は3月13日に行われる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)