平成26年度の全国学力・学習状況調査、4/22に実施

教育・受験 学校・塾・予備校

各都道府県の平均正答率の分布(平成25年度報告書より)
  • 各都道府県の平均正答率の分布(平成25年度報告書より)
  • 全国平均から-5%に達しない都道府県数の推移(平成25年度報告書より)
 文部科学省は11月29日、平成26年度全国学力・学習状況調査の実施要領を各都道府県や指定都市の教育委員会などに通知し、内容をホームページに公開した。

 平成19年度から全国の小学6年生、中学3年生を対象とした全員調査が43年ぶりに復活したが、地域間の競争過熱を招くなどの批判もあり、4年目の平成22年度は約3割の抽出調査に変更。しかし、今年4月に行われた平成25年度調査では4年ぶりに全員調査が復活、全国30,962校、約115万人の小学校6年生、約113万7,000人の中学校3年生が参加した。

 平成26年度の全国学力・学習状況調査では、平成26年4月22日に実施。対象科目は国語と算数(数学)の2教科で実施される。それぞれの「知識」と「活用」に関する問題が出題されるという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)