小中高生対象Googleロゴコンテスト、グランプリは小学生が受賞

教育ICT インターネット

グランプリ受賞作品:白木佳帆さん「歩いたところに花が咲くくつ」
  • グランプリ受賞作品:白木佳帆さん「歩いたところに花が咲くくつ」
  • 部門賞:中山皓晴さん「ゴミを使えるようにするきかい」
  • 部門賞:林玲翔さん「一振りすれば夢の中」 
  • 部門賞:三浦早紀子「あの日から勉強が楽しくなった。」
 小中高生を対象に開催されたGoogleのロゴデザインコンテスト「Doodle 4 Google 2013」のグランプリが12月1日に発表された。5回目の開催となった今回のテーマは「私も発明家」、グランプリは福岡県大野城市立御笠の森小学校の白木佳帆さんが受賞した。

 今回のコンテストには10万作品を超える応募があり、東京藝術大学の講師や学生のによる1次審査と、Googleの社員投票による2次審査を経て、200名を入選者として選出。その後、特別審査員の審査会が地区代表作品40作品を選出し、その中からオンライン投票にてグランプリ1作品、および部門最優秀4作品が選ばれた。

 グランプリは、白木佳帆さんの作品「歩いたところに花が咲くくつ」が受賞。学校へパソコン助成金として200万円、児童生徒へパソコン1台が贈られる。そのほか、小学校1~3年生部門では、大阪聖母学院小学校の中山皓晴さんの作品「ゴミを使えるようにするきかい」、中学生部門では、愛知県春日井市立石尾台中学校の林玲翔さんの「一振りすれば夢の中」、高校生部門では、山梨県立富士河口湖高等学校の三浦早紀子さんの「あの日から勉強が楽しくなった。」がそれぞれ部門賞を受賞した。

 なお、グランプリを受賞した白木佳帆さんの作品は、12月2日にGoogleのトップページに掲載されるという。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)