第一線の研究者が指導「サイエンスキャンプ」参加者募集

 科学技術振興機構は、高校生のための先進的科学技術体験合宿プログラム「スプリング・サイエンスキャンプ2014」の参加者を募集。来年3月21日から29日のうちの2泊3日で、情報通信や環境、エネルギーなどの分野で活躍する研究者や技術者から直接指導を受けられる。

教育・受験 学習
スプリング・サイエンスキャンプ2014
  • スプリング・サイエンスキャンプ2014
  • 12のプログラムを実施
  • 昨年のキャンプの様子
  • 昨年のキャンプの様子
 科学技術振興機構は、高校生のための先進的科学技術体験合宿プログラム「スプリング・サイエンスキャンプ2014」の参加者を募集。来年3月21日から29日のうちの2泊3日で、情報通信や環境、エネルギーなどの分野で活躍する研究者や技術者から直接指導を受けられる。

 サイエンスキャンプは、先進的な研究テーマに取り組んでいる大学、公的研究機関、民間企業の研究所などを会場とし、実験・実習を主体とした科学技術を体験する合宿プログラム。春休みの期間中に2泊3日での合宿生活を送りながら、ライフサイエンス、ナノテクノロジー、製造技術、建築学などさまざまな分野において研究に取り組む大学、公的研究機関、民間企業など12会場に分かれて行われる。それぞれ8~20人(計164人)の規模で、講義、観察、実験、実習などのプログラムを実施し、研究者や技術者から直接指導を受ける。

 今回のプログラムは、東京農業大学で行われる「氷海生態系~その意外な実態を氷の上から観察しませんか~」、日本電子で行われる「ナノメートルの世界を観る~電子顕微鏡で科学の扉を開こう~」、慶應義塾大学で行われる「医薬理工農を融合した最先端バイオ」、新潟大学で行われる「脳を見る、知る、調べる」など12プログラム。

 応募資格は日本国内の高等学校、中等教育学校後期課程(4~6学年)または高等専門学校(1~3学年)などに在籍する生徒。参加はホームページからダウンロードした申込み用紙に学校名や学年、応募動機、科学や技術の部活動・サークル活動・自由研究の実績など、必要事項を記入し、サイエンスキャンプ事務局まで郵送する。参加申込書にもとづいて各プログラム実施会場が参加者を決定。選考結果は2月中旬、応募者本人あてに郵送で通知する。

 参加費は2,000円で、参加決定後に支払う。期間中の宿舎や食事は主催者が用意するが、自宅と会場間の往復交通費は自己負担になる。応募締切は1月24日必着。各プログラムはホームページで確認できる。

◆スプリング・サイエンスキャンプ2014
日時:平成16年(2014年)3月21日~29日(うち2泊3日)
応募資格:応募締切日の時点で、日本国内の高等学校、中等教育学校後期課程(4~6学年)または高等専門学校(1~3学年)などに在籍する生徒。
参加費:2,000円(参加決定後に支払う)
応募方法:ホームページから申込み書をダウンロードし、必要事項を記入し郵送する
応募締切:1月24日(金)必着
応募先:サイエンスキャンプ本部事務局(千代田区北の丸公園2-1 日本科学技術振興財団人材育成部内)
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)