MOOCsや反転授業は何を意味するのか、EdTechについて特別講演開催

教育ICT その他

特別講演「EdTechで変わる教育の今とこれから」
  • 特別講演「EdTechで変わる教育の今とこれから」
  • デジタル・ナレッジ(Webサイト)
 デジタル・ナレッジは、 デジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌弘教授による特別講演「eラーニングからEdTechへ。~EdTechで変わる教育の今とこれから~」を1月24日、eラーニング・ラボ 秋葉原で開催する。

 90年代から普及してきたデジタル技術は教育分野にも浸透し、e-ラーニング革命として学習者の環境を向上させてきた。昨今ではモバイル端末やSNSを中心としたイノベーションが著しく、特に米国を中心に「EdTech(エドテック)」と言われる「テクノロジー×教育」の流れが押し寄せているという。

 今回の講演では、デジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌弘教授が、MOOCs(無料オンライン講座)や反転授業といったEdTechが何を意味し、これからの教育にどんな影響をもたらすのかについて解説するという。

 なお、定員は40名。申込みは、デジタルナレッジのWebサイトにて受け付けている。

◆eラーニングからEdTechへ。~EdTechで変わる教育の今とこれから~
日時:1月24日(金)14:00~15:00
会場:デジタル・ナレッジ eラーニング・ラボ 秋葉原
定員:40名(先着順)
参加費:無料
申込:Webサイトより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)