関東で大雪、14日は塾など相次ぎ休講

教育・受験 学校・塾・予備校

サピックス
  • サピックス
  • 日能研
  • 早稲田アカデミー
  • 代々木ゼミナール
 関東全域に降り続いている雪の影響により、2月14日(金)は学習塾や予備校などが相次いで休講の案内を公表している。

 気象庁が2月14日11時に発表した天気予報によると、今後、雪は低気圧の接近に伴って次第に強まり、東京23区では15日未明にかけて、多摩地方では15日朝にかけて続く見込み。15日12時までの24時間に降ると予想される雪の量は、いずれも多いところで東京23区が10センチ、多摩北部・南部20センチ、多摩西部40センチとなっている。

 中学受験塾のサピックス、日能研、早稲田アカデミーなどは、2月14日(金)の授業を休講とする。サピックスは、入学準備体験講座と首都圏校舎・関西圏校舎ともに休講。今後の授業予定については、別途通知する。日能研は、積雪による交通機関への影響により、通室が安全にできない状況が予想されるため、休講とする。15日の授業については、14日20時の段階で再度案内する。早稲田アカデミーは、安全面を考慮して、全学年の授業を中止する。

 また、大学受験の代々木ゼミナールも、本部校ほか首都圏地区の12校で、2月14日は17時30分以降の授業をすべて休講とする(フレックス・サテラインを含む)。15日は平常通り実施の予定だが、変更がある場合は、午前10時までにホームページで発表する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)