OWASP AppSec APAC 2014プログラム発表、女性・学生向けも開催

教育ICT その他

OWASP AppSec APAC 2014
  • OWASP AppSec APAC 2014
Open Web Application Security Project(OWASP)は、2014年3月17日から20日まで東京で開催するカンファレンス「OWASP AppSec APAC 2014」の詳細なプログラム内容を公開した。基調講演を行う山口英氏は、元日本政府内閣官房情報セキュリティ対策推進室情報セキュリティ補佐官を務め、数々のセキュリティ戦略組織の創立および戦略構築を行ってきたことで知られている。また、OWASP Foundationの代表であるマイケル・コーツ氏も来日し、キーノートスピーチを行う。

さらにOWASP Top 10の執筆者であるデイブ・ウィッチャーズ氏や、ITガバナンスのスペシャリストでありCISOサーベイ&レポートのプロジェクトリーダーであるトビアス・ゴンドロム氏、開発者向けドキュメントへの貢献で知られるジム・マニコ氏、日本での経験も豊富なジェリー・ホフ氏など、欧米やアジアパシフィックエリアから著名なOWASPのプロジェクト担当者も参加する。

日本の企業や機関ではSCSK、楽天、サイボウズ、JPCERT/CCなどが参加、またヒューレット・パッカード、アカマイなどのグローバル企業なども参加し、これまでエンタープライズレベルで得た知見と、OWASPプロジェクトの成果物の活用の現場などを、スピーカーやトレーニング・インストラクターを通じて提供される。これらのスペシャリストによるカンファレンス・セッションは20を超え、日英の通訳で提供される予定。なお、女性がアプリケーションセキュリティの分野でスキルを磨く機会を支援し、より一層キャリアを向上することを目的とした「Women in AppSec」、学生を対象とした「Student in AppSec」も開催される。

「OWASP AppSec APAC 2014」プログラム発表、女性、学生向けも開催(OWASP)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)