未来教育会議、キックオフシンポジウムを開催…テーマは「子どもたちの力」

教育・受験 その他

未来教育会議(Webサイト)
  • 未来教育会議(Webサイト)
  • 未来教育会議のミッション
 未来の社会や教育のあり方を考える「未来教育会議」は、教育に関心のある人々を対象としたキックオフシンポジウムを3月16日、東洋大学 白山キャンパスで開催する。

 「未来教育会議」は、博報堂ブランドデザインが、未来の社会と子ども、教育のあり方を多様なステークホルダーと共に考え、新たな価値を創造するプロジェクトとして発足させたもの。教育界に幅広い知見とネットワークを持つ熊平美香氏が代表を務め、教育プログラムの開発実績を持つ教育と探求社、システム・シンキングの知見を持つ慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所が実行委員会メンバーとなっている。

 キックオフシンポジウムは「子どもたちの力」をテーマに、劇作家・演出家の平田オリザ氏、経営学者の米倉誠一郎氏による基調講演のほか、教育の分野で様々なチャレンジをしている人々によるスピーチを行う。また、参加者のダイアログを中心としたワークショップも企画されている。

 「未来教育会議」では、今回のイベントを、教育のあり方について、他責にせずに自らが主体的に考え、相互に関わり合うことの意義を感じる場にしたいとしており、企業人、NGO・NPO、教育関係者、行政、生活者、学生など、教育に関心のある人々の参加を広く募集している。

◆未来教育会議 キックオフシンポジウム
日時:3月16日(日)10:00~18:00
会場:東洋大学 白山キャンパス(東京都文京区)
対象:企業人、NGO・NPO、教育関係者、行政、生活者、学生など教育に関心のある人
定員:500名
参加費:一般2,000円、NPO・NGO・学生1,000円、高校生500円
※すべて昼食付き
応募方法:ホームページより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)