【大学受験2015】駒大、一般入試上位者に年間30万円給付の奨学金制度を新設

教育・受験 学校・塾・予備校

駒澤大学 全学部統一日程入試
  • 駒澤大学 全学部統一日程入試
  • 全学部統一日程入試
 駒澤大学は、2015年度より、一般入試の受験生を対象とした給付型の奨学金制度を新設すると発表した。得点上位100人を奨学生とし、入学者には年間30万円が給付される。

 同大学ではこれまでにも、一般入学試験を優秀な成績で合格した者に対し、授業料相当額を給付する「新人の英知(入試特待生)奨学金」制度を実施してきたが、2015年度一般入学試験より新たな奨学金制度を創設する。

 今回の奨学金制度は、2月4日に実施される「全学部統一日程入試」の受験生のうち、得点上位100人以内の得点で合格し、第1志望の学科に入学したものに4年間給付されるという。同試験は最大3学科まで併願可能で、東京・札幌・仙台・水戸・新潟・長野・名古屋・岡山・福岡の全国9会場で行われる。

 また、ほかの一般入試T・S方式や、大学入試センター試験利用入試との併願も可能だという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)