小中学生対象の体験型講座「漢字探検隊」6月に草津・京都で開催

教育・受験 学習

草津漢字探検隊
  • 草津漢字探検隊
  • 京都漢字探検隊
 初等・中等教育における文字文化教育をテーマとした研究を行う立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所は、小中学生を対象とした体験型漢字講座「漢字探検隊」を6月7日に草津市、6月14日に京都市で開催する。

 「漢字探検隊」は、動物園・植物園・城跡や伝統産業館などを見学しながら、漢字の成り立ちやその元となった物自体を学ぶことを目的に、立命館大学が主催。2007年3月にスタートし、これまで115回を開催しているという。

 6月7日の「草津漢字探検隊」では「となりの人間国宝さんと漢字をデザインしよう」、6月14日の「京都漢字探検隊」では「おいしおすえ 漢字」と題し、漢字に関する体験型学習講座を行う。草津では、書家の齊藤江湖氏が講師として参加、「となりの人間国宝さん」として子どもたちと漢字をデザインするという。

◆草津漢字探検隊・となりの人間国宝さんと漢字をデザインしよう
日時:6月7日(土)10:00~12:00、14:00~16:00
会場:草津市立志津小学校
対象:小学生(保護者同伴可)、中学生
定員:各回50名
参加費:小学生400円、中学生500円
応募方法:FAXまたはメール

◆京都漢字探検隊・おいしおすえ 漢字
日時:6月14日(土)13:00~14:30、15:00~16:30
会場:京の食文化ミュージアム・あじわい館
対象:小学生(保護者同伴可)、中学生
定員:各回40名
参加費:小学生400円、中学生500円
応募方法:FAXまたはメール
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)