母の日にほしいのは「1日ゆっくり」…贈り物より家事の代行が人気

生活・健康

あなたは子どもにとってどんな“母親”でありたいと思いますか?
  • あなたは子どもにとってどんな“母親”でありたいと思いますか?
  • 「若さ」を保つために摂取したいと思う野菜はなんですか?
  • 「母の日」にして貰うと嬉しいことは何ですか?
  • 常に「若さ」を保つため、した方がいいと思うことはなんですか?
  • 若さを保つために摂取したいと思う野菜1位「トマト」を使ったレシピ
  • 若さを保つために摂取したいと思う野菜2位「タマネギ」を使ったレシピ
  • 若さを保つために摂取したいと思う野菜3位「ブロッコリー」を使ったレシピ
 タキイ種苗は8日、『母の日』(5月11日)を前に、母親の理想像、健康法、母の日にしてほしいことなど、『母の日』にまつわるアンケート調査の結果を発表した。調査期間は4月30日~5月2日で、全国在住の子どもを持つ30~60代の女性200名から回答を得た。

 まず「どんな“母親”でありたいと思いますか?」の質問には、「健康的で元気な母親(60.5%)」「優しい母親(50%)」「年齢より若く見られる母親(40.5%)」といった回答が上位となった。具体的な女性像としては、健康的で、元気なイメージのある「江角マキコ」が1位。以下、黒木瞳、吉永小百合、山口百恵、篠原涼子が続いている。

 「“若さ”を保つため、した方がいいと思うことはなんですか?」の質問では、「笑顔を絶やさない(59%)」「野菜を食べる(55.5%)」を意識している人が多かった。年代別では30代は「おしゃれをする」、60代では「趣味を持つ」などプライベートの充実も支持を集めている。「“若さ”を保つために摂取したいと思う野菜はなんですか?」については、年代問わず「トマト(81%)」が圧倒的人気で、タマネギ(48.0%)、ブロッコリー(43.0%)などを大きく上回った。

 「『母の日』にしてもらうと嬉しいことは何ですか?」の質問には、「家事などをいっさいせず、1日ゆっくりさせてもらう(41%)」や「食事を作ってくれる(37.5%)」などが上位となり、物を贈られることより、家事を代行してもらうことが、一番求めているプレゼントということが明らかとなっている。

 タキイ種苗では、「トマトを使った、和風カプレーゼ」「タマネギを使った、ポークステーキシャリアピン風」「ブロッコリーを使った、中華炒め」など、調査結果上位のオススメ野菜を使ったレシピもあわせて公開中だ。

【母の日】「健康的で元気」が理想像、タレントで言えば?

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)