【中学受験2015】首都圏模試、小6対象の第2回統一合判の申込受付6/2より

教育・受験 学校・塾・予備校

年に6回実施される「統一合判」
  • 年に6回実施される「統一合判」
  • 時間割
  • 年間スケジュール
  • 個人成績表
  • テスト会場で行われる「父母会」
 首都圏模試センターは、7月6日に実施する小学6年生対象の「第2回 統一合判」の申し込み受け付けを開始した。受験料は4教科で5,184円、同額での2教科受験も可。

 同センターは、小学6年生を対象に年間6回の「統一合判」模試を実施。志望校についてのアドバイスや第1志望校に対する併願情報、志望校8校の判定などを行う。参加者は9月以降になると毎回、12,000人以上が参加するという。

 受験科目は国語、算数、社会、理科の4教科または国語、算数の2教科。第2回の算数の出題範囲は、整数・少数・分数のしくみと計算、仕事算、面積と辺の比、平面図形の移動と回転など。社会は地理総合と日本の歴史(江戸時代までのまとめ、明治時代、大正時代、昭和時代、戦後の民主化)など。理科は電磁石、力の釣り合い、光と音、季節と太陽など、国語は物語文・小説、ことわざ、敬語の知識など。詳しい内容はホームページに記載されている。

 また統一合判当日は、父母会を実施(行わない会場もあり)している。今回は、私学の良さをもっと知るための説明会&見学会のポイントアドバイスをテーマに行われる。

 なお、実施会場は現在発表されていないが、前回同様、都内、横浜市、さいたま市などの私立中学校20会場前後で行われる予定。ホームページ(6月2日以降)では、各会場の空席状況、学校説明会や受験情報などをアドバイスする「父母会」の有無が記載される。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)