京都大、三重県教委と協定締結…高大連携事業を拡大

教育・受験 学校・塾・予備校

協定書署名の後、握手を交わす松本総長(右)と山口教育長(左)
  • 協定書署名の後、握手を交わす松本総長(右)と山口教育長(左)
  • 連携協定締結式に出席した(前列左から)山口教育長、松本総長、淡路理事・副学長、(後列左から)長谷川課長、山口次長、高見理事補、森脇理事補
  • 締結後懇談する様子
 京都大学は5月19日、三重県教育委員会との連携に関する協定を締結したと発表した。

 京都大学では、三重県の高等学校から個別に要望のあった大学見学や模擬授業などに協力してきたが、さらに幅広く高大連携事業を展開するために、協定を結ぶこととなった。

 協定では、大学や高等学校の教育課題に対し、連携して教育および研究の充実、発展に寄与することを目的としている。また覚書では、本協定に基づき京都大学の教育および研究活動の理解を深め、三重県教育委員会が定めた連携指定校とともに、教育の充実発展のために具体的な取り組みを始めるとしている。2014年度の三重県連携指定校は桑名、川越、四日市、四日市南、神戸、津、津西、津東、松阪、宇治山田、伊勢、上野、尾鷲、木本の14校。具体的な取り組みについては、京都大学と三重県教育委員会とで相談・検討のうえ、決定する予定。

 なお、教育委員会との連携協力に関する締結は、大阪府、滋賀県、兵庫県、京都府、京都市、和歌山県、奈良県に続き8件目。今回の締結により京都大学は近畿地方全府県と連携協定を結んだことになった。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)