ガイアックス、ツイートを監視するサービスを学校・企業向けに提供開始

 ガイアックスは24日、大学、高校をはじめとする学校法人向けに、学生のTwitterアカウントを調査し、Twitter上のリスク投稿を有人による目視で発見し対応を支援する「セーフティプログラム for Twitter」(tSP)の提供を開始した。企業向けにも同様に提供する。

デジタル生活 インターネット
「セーフティプログラム for Twitter」の概要
  • 「セーフティプログラム for Twitter」の概要
  • SNS別炎上件数の推移
 ガイアックスは24日、大学、高校をはじめとする学校法人向けに、学生のTwitterアカウントを調査し、Twitter上のリスク投稿を有人による目視で発見し対応を支援する「セーフティプログラム for Twitter」(tSP)の提供を開始した。企業向けにも同様に提供する。

 「セーフティプログラム for Twitter」は、対象アカウントの日々の更新投稿を確認し、発見した投稿について、リスクレベルおよびその内容を分析し、アカウントの利用実態と合わせレポート化して報告するサービス。

 独自の検索システムを使用し、学校に所属するユーザーの調査を行いリストアップし、発見したアカウント一覧および調査結果を提供する。特に見守りが必要なアカウントをユーザーが指定することも可能。

 ガイアックスは累計500社以上に、有人目視による特定のサイト内の投稿をモニタリングするコミュニティパトロールを提供しており、その365日24時間の有人目視体制、モニタリングやトラブル対応のノウハウを活用し、本サービスを提供するとのこと。料金プランは1アカウント4,000円/月。

ガイアックス、ツイートを監視する「セーフティプログラム for Twitter」学校・企業向けに提供開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)