スウェーデンの学生、飲酒よりもゲームを選択

趣味・娯楽 その他

酒や薬物などに関する連盟「Central Association for Alcohol and Other Drugs」によると、スウェーデンの学生はアルコールを摂取するよりもビデオゲームやインターネットを好むことがわかりました。

調査によると、スウェーデンの小学1年生から9年生(日本における中学3年生)までの間で、アルコールを購入したことがある割合は46%とのこと。これは調査を開始した15年前当時、80%の学生が購入したことがあったとの調査結果から比較し、大幅な減少となったことが伝えられています。

記事内では学生へのインタビューも行っており、普段ストックホルムにあるオンラインギャンブルホールで遊んでいる少年は「(お酒を)一度飲んでみたことがあったけど、特に良いものだとは思わなかった。プレイ中はお酒よりもエナジードリンクのほうがいいかな」と飲酒に対する関心を持っていない様子。

今回調査を行ったアルコールなどに関する連盟のマネージャーUlf Guttormsson氏は、ソーシャルの場がゲームやSNSなどオンラインへ移ってきていることが大きな理由のひとつである、と語っており、「アイデンティティを形成しようとする年頃であるティーンエイジャーたちも、今や自宅でコンピューターとインターネットを通じて、そのアイデンティティを形成している。オンラインは匿名性を保ち、様々な役になりきることが可能なため、アルコールを通じてアイデンティティを形成せずとも、もっと他の方法でアイデンティティを形成させることができる」と説明しています。

急成長を遂げたオンラインでのゲームプレイの充実度により、より細かいコミュニケーションがゲームを通じて可能となりましたが、それらの環境が物心がついた頃から身近にある年代にとっては、ある種のコミュニケーションツールのひとつとしてゲームというものがあるのかもしれません。

スウェーデンの学生への意識調査 ― 飲酒よりもゲームを選択することが判明

《Game*Spark@INSIDE》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)