ソニーモバイル、「自分撮り」機能を強化した5.5型Androidスマホ発表

デジタル生活 モバイル

前面に500万画素カメラを搭載した「Xperia C3」
  • 前面に500万画素カメラを搭載した「Xperia C3」
  • カラーはブラック、ホワイト、ミントの3色
  • 前面に500万画素カメラで自分撮りに特化
 ソニーモバイルコミュニケーションズは8日(現地時間)、“自分撮り”機能を強化した5.5インチAndroidスマートフォン「Xperia C3」を発表した。8月に中国などで発売される。

 前面カメラに500万画素の「PROselfie cam」を搭載。焦点距離25mmの広角レンズを採用し、笑顔を検出して撮影する「Smile Shutter」機能やLEDフラッシュを搭載して“自分撮り”機能を強化したのが特長のモデル。

 ディスプレイは5.5インチ(1,280×720ピクセル)液晶、OSはAndroid 4.4、プロセッサはクアッドコアのSnapdragon 400(1.2GHz)、メモリ1GB、ストレージ8GBというスペック的にはミドルクラスに当たる。背面カメラは800万画素。

 バッテリ容量は2,500mAh、本体サイズは幅78.5mm×高さ156mm×奥行7.6mm、重量は150g。カラーはブラック、ホワイト、ミントの3色。新興国を中心としたグローバル展開される予定だという。

ソニーモバイル、前面500万画素で“自分撮り”強化した5.5型「Xperia C3」

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)