慶大・三田キャンパスを歴史散歩できるアプリ「慶應時空ぷらっと」

教育ICT その他

アプリ「慶應時空ぷらっと」操作画面
  • アプリ「慶應時空ぷらっと」操作画面
  • アプリ「慶應時空ぷらっと」起動画面
 慶應義塾大学は22日、三田キャンパスの歴史散歩アプリ「慶應時空ぷらっと」を発表した。App StoreにてiOS版アプリが無料公開されている。

 「慶應時空ぷらっと」は、慶應義塾大学次世代研究プロジェクトの一環として、文学部民族学考古学専攻・山口徹研究室が、ATR-Creative社のプラットフォームを利用して制作した。三田キャンパスが開設された明治4(1871)年以降の、12枚の地図と300枚以上の古写真で構成されている。

 キャンパス地図12枚を時系列にそってレイヤー化。GPSやWi-Fi機能をオンにすることで、今いる場所が過去の地図に表示され、地図上のランドマークをタッチすると、その場所で撮られた写真とその解説が表示される。これにより、建造物の配置関係やその変化を把握できるという。
《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)