【夏休み】花火大会で困るのは混雑、浴衣を着るのはわずか8%

趣味・娯楽 その他

花火大会で浴衣を着るか
  • 花火大会で浴衣を着るか
  • 花火大会場所取り時間ランキング
  • 花火大会を見に行く回数
  • 花火大会を見にどこまで行くか
 ウェザーニューズは28日、花火大会に関する調査結果を発表した。調査期間は7月3日~8日で、スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』内のウェザーリポーター合計69,317人が参加した。

 まず、花火大会での場所取りについて「いつから場所取りする?」と質問したところ、10,880人が回答し、「0時間」と答えた人が76%に上った。「1時間」以上のランクを選択した人(場所取りをする人)の時間平均は「2.6時間」。全国のなかで場所取りの時間がもっとも長いのは山梨県の「3.9時間」だった。

 また「花火、何回見に行く?」と質問したところ、12,151人が回答し、全国平均は「0.9回」。もっとも回数が多いのは鹿児島県の「1.6回」で、全国的に有名な花火大会が開催される秋田県(大曲の花火)や新潟県(長岡まつり大花火大会)も上位にランクインした。一方で、関東南部や京阪神などの大都市エリアでは、花火大会に出かける人が平均より少なかった。

 「花火大会、これが困る!」という設問では、「混雑」が一番となっており、大都市の花火大会ならではの混雑で避けられている可能性がある模様だ。

 さらに「花火見にどこまで行く?」と質問し、「近所」「県内」「隣県」「遠出」の4択から選択してもらったところ、全国11,520人が回答し、「近所」62%、「県内」24%となっている。また「花火大会で浴衣着る?」という質問では、全国11,662人が回答し、浴衣を「着る!」と答えた人はわずか8%(女性11%、男性4%)に留まった。

花火大会、「浴衣を着る」人は1割以下

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)