ヨーロッパに学ぶ子どもの自転車教育、8/19にシンポジウムを開催

 「なぜ子どもたちに自転車教育が必要なのか、ヨーロッパから来た子ども向け自転車教育に学ぶこと」と題した、ウィーラースクール シンポジウム in TOKYOが8月19日、東京都港区のOVE南青山で開催される。

生活・健康 交通・クルマ
子供の自転車教育を考えるウィーラースクール シンポジウム in TOKYOが8月19日開催
  • 子供の自転車教育を考えるウィーラースクール シンポジウム in TOKYOが8月19日開催
  • 子供の自転車教育を考えるウィーラースクール シンポジウム in TOKYOが8月19日開催
  • ゲストは左から ブラッキー中島隆章(ウィーラースクールジャパン代表)、栗村修(宇都宮ブリッツェン テクニカルアドバイザー・Jsports解説者)、廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン ゼネラルマネージャー)、山本雅道(元ロード日本代表バイシクルファクトリーヤマモト代表)、小林成基(NPO法人 自転車活用推進研究会 理事長)
「なぜ子どもたちに自転車教育が必要なのか、ヨーロッパから来た子ども向け自転車教育に学ぶこと」と題した、ウィーラースクール シンポジウム in TOKYOが8月19日、東京都港区のOVE南青山で開催される。

近年、自転車が関係する交通事故の増加や、マナーの問題などが表面化。道路交通法の改正やその運用の見直し、また自転車レーンの設置などのインフラ整備、自転車に関連する教育の充実などが社会的にも急務とされている。

本シンポジウムでは2003年以降、関西を拠点に子ども自転車教室を全国に広めるウィーラースクールジャパンの活動や全国で展開される子供自転車教室など、様々な事例から、子どもたちへの自転車教育がもたらす未来の社会像を考える。

子どもの自転車教育を考えるウィーラースクール シンポジウム in TOKYOが8月19日開催

《岡田由佳子@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)