7,000万部突破の「くもんの幼児ドリル」が創刊以来初の全面改訂

 くもん出版は、「くもんの幼児ドリル」シリーズを、1977年の創刊以来初めて、装丁・内容ともに全面改訂して10月14日から販売を開始した。同シリーズは、累計発行部数7,000万部を超える。

教育・受験 学習
「くもんのはじめてのおけいこ」
  • 「くもんのはじめてのおけいこ」
  • 新しい幼児ドリルの数々
  • ツリーチャート
  • 表紙にはそのドリルでの学習内容と前後の学習の流れが掲載
  • フルカラーになった新しい幼児ドリル
  • 学習アドバイスを記載した「おうちのかたへ」
 くもん出版は、「くもんの幼児ドリル」シリーズを、1977年の創刊以来初めて、装丁・内容ともに全面改訂して10月14日に販売を開始した。

 同シリーズは、累計発行部数7,000万部を超える。まず、学習ステップを見直し、商品ラインナップを再構成した。子どもたちがより「楽しく最後までやり切り、達成感をもって次に進める状態」を実現するため、学習ステップ、難易度、作業量などを全面的に見直した。

 また、シリーズの冊数を49冊から39冊に再構成。デザイン・装丁を一新、全ページをフルカラー化した。コンセプトである「楽しく学べる」は維持しつつ、さらに手に取りたくなるデザインに改訂したという。これまで、本文の前半はカラー・後半は2色ページという商品が多かったが、最後まで学習意欲を維持できるよう全ページがフルカラーになっている。

 今回の改訂版の発売開始に合わせ、全国の書店店頭で幼児ドリル体験会も行う予定だ。10月下旬~3月の半年間、延べ100回の体験会を実施するという。
《小林瑞季》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)