Android 5.0の正式配信開始、今後数日間かけて機能を拡充

 米Googleは11月3日(現地時間)、Android 5.0の正式配信を開始した。マテリアルデザイン、通知機能の拡充などが図られる。配信は今後数日間かけて行われる。

デジタル生活 モバイル
画面サイズにフレキシブルに対応する「マテリアルデザイン」を採用
  • 画面サイズにフレキシブルに対応する「マテリアルデザイン」を採用
  • 「ヘッドアップ通知」機能、64bit対応など新機能を搭載
 米Googleは3日(現地時間)、Android 5.0の正式配信を開始した。マテリアルデザイン、通知機能の拡充などが図られる。配信は今後数日間かけて行われる。

 Android 5.0(Lollipop)は、大型タブレットからスマートフォンなど、デバイスの画面サイズに合わせて最適な表示を行なう「マテリアルデザイン」を採用。ロック解除することなく、メッセージやコンテンツなどの通知を確認できる「ヘッドアップ通知」機能を追加し、通知機能の拡充も図られた。

 そのほか64bit対応、ペアリングを行ったウェアラブルデバイスが側にある場合はロック解除なしでデバイスに直接アクセスできる「Smart Lock」機能といった機能が新たに追加された。

 現時点でのAndroid 5.0対応モデルはNexus 5/7のみだが、今後さまざまなAndroidデバイスがAndroid 5.0に対応することになる。

Google、Android 5.0の正式配信を開始……デザインやセキュリティを改善

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)