イチロー選手が愛知県で行われた少年野球大会の表彰式に参加

趣味・娯楽 スポーツ

イチロー 参考画像(2014年9月27日)(c)Getty Images
  • イチロー 参考画像(2014年9月27日)(c)Getty Images
  • イチロー 参考画像(2014年9月16日)(c)Getty Images
  • イチロー 参考画像(2014年9月11日)(c)Getty Images
  • イチロー 参考画像(2014年9月28日)(c)Getty Images
12月23日、メジャーリーグのヤンキースからフリーエージェントとなっているイチロー外野手が、愛知県豊山町で開催された「第19回イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の表彰式に参加した。

大会長としてのスピーチでは「ヤンキースのイチロー選手」と紹介されたことを受け、「厳密にいえばヤンキースではないんですけどね」と苦笑。また、「僕からしたらみんなが優勝」と児童を称え、「大人になるには我慢の連続」と金言を送った。

イチローに対しては、「どこでもいいから、レギュラーで出られる可能性が高い球団に行って、大記録に挑戦してほしい」「日米通算でピート・ローズの安打記録更新させてもらえる(試合で使ってもらえる)チームに移籍してほしい!」「メジャーで終わってほしい。50歳くらいまで続けてほしい」と、ファンはイチローの大記録達成にも期待。

ここ数年、ヤンキースでは守備固めや代走の機会も増えて久しいが、イチローの獲得に魅力を感じる球団は様々あり、そのたびに報道がなされている。年内の決着は困難とされているが、年明け早々にもイチローの獲得を画策する球団の新たな動きがあるだろう。

不世出のスーパースターが今後どういう道を歩むのか。世界中のイチローファンは、安打を量産するイチローの姿を再び目にすることを願っている。

イチロー、少年野球大会「イチロー杯」の表彰式に参加「大人になるには我慢の連続」

《浜田哲男@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)