JAFが動画で注意喚起、歩行者や自転車の「ながらスマホ」

 JAFは、歩行中や自転車乗車中のスマホ操作による事故やトラブルが社会問題となっていることから、危険性を検証した動画をホームページに公開し、注意喚起を行っている。

生活・健康 交通・クルマ
JAF、歩行者・自転車のながらスマホ危険性を注意喚起
  • JAF、歩行者・自転車のながらスマホ危険性を注意喚起
  • JAF、歩行者・自転車のながらスマホ危険性を注意喚起
  • JAF、歩行者・自転車のながらスマホ危険性を注意喚起
  • JAF、歩行者・自転車のながらスマホ危険性を注意喚起
  • JAF、歩行者・自転車のながらスマホ危険性を注意喚起
JAFは、歩行中や自転車乗車中のスマホ操作による事故やトラブルが社会問題となっていることから、危険性を検証した動画をホームページに公開し、注意喚起を行っている。

実験は、愛知工科大学工学部の小塚一宏教授監修のもと、モニター(20代~30代の男女4名)にアイマークレコーダーを装着し、スマホの「あり」と「なし」で視線の違いや特徴を比較したもの。

歩行者編では、対向してくる歩行者と衝突したケース(4名中1人)や前を横切った親子に衝突しそうになったケース(4名中1人)があり、モニター全員が接触しそうになった相手に回避行動を取らせた。また、自転車編では、子どもマネキンに衝突したケース(4名中1人)や赤信号を見落とし通過したケース(4名中2人)があった。

検証の結果から、小塚教授は「ながらスマホは、視線が画面の文字や動画に集中して釘付けになることで、前方や左右に視線が配られないため周辺の認識が困難となり、歩行者などに衝突する危険性があり、なおかつ自転車乗車時では体勢が不安定となるうえ、相手への衝突の危険性や加害度合が高くなります。」と指摘。

JAFでは今後もながらスマホに関する注意を促していく。

JAF、歩行者・自転車の「ながらスマホ」危険を注意喚起

《編集部@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)