鉄道博物館で復活、東京駅プロジェクションマッピング

生活・健康 その他

東京駅のプロジェクションマッピング、TOKYO HIKARI VISIONが鉄道博物館で復活
  • 東京駅のプロジェクションマッピング、TOKYO HIKARI VISIONが鉄道博物館で復活
  • NAKED Inc.代表村松亮太郎
東京駅のプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』が鉄道博物館で復活した。

2014年春『進撃の巨人プロジェクションマッピング』、2014年夏の新江ノ島水族館『ナイトアクアリウム』など、企画を発表してきたNAKED Inc.が演出を担当する。

2012年冬に話題となった、村松亮太郎/NAKED Inc.演出の東京駅プロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』が、 2014年12月に東京ステーションギャラリーに引き続き、鉄道博物館でも期間限定で復活している。

前回同様、 1/20スケールの模型で再現。演出を手がけた各イベントの来場者数が累計60万人を超えた、 NAKED Inc.のアートワークを楽しめるチャンスとなる。

会期は2月20日(金)から5月10日(日)。会場は、鉄道博物館2F スペシャルギャラリー2。上映時間は1回約10分(開館時間中は繰り返し上映)。鉄道博物館の入館料のみで楽しめる。

東京駅のプロジェクションマッピング、TOKYO HIKARI VISIONが鉄道博物館で復活

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)