堀田龍也氏監修、新しい社会科資料を使った指導書刊行

教育・受験 学習

「社会科重要資料の指導法5年生30選」
  • 「社会科重要資料の指導法5年生30選」
  • 教育同人社ホームページ
 教育同人社は、社会科の達人が推薦する「社会科重要資料の指導法5年生30選」を2015年3月1日に発刊する。監修は東北大学大学院情報科学研究科教授の堀田龍也氏。

 共著者には社会科教育で全国的な実践家である、札幌市立幌西小学校の新保元康校長、奥州市立常盤小学校の佐藤正寿副校長が迎え、同社が発行する「社会科資料集」5年生に掲載している図表から、社会科の達人が選りすぐった30個の図表について解説。

 第1章では、5年生社会科の難しさや学習内容など指導のポイントについてまとめられている。第2章では、30個の重要資料についての指導法が資料の見方とともに解説、第3章ではICTを活用した資料提示のコツについて書かれている。若手の先生からも要望が高いという社会科資料を活用した授業事例の解説書として、授業での指導に直結する使いやすい内容になっているとようだ。

 また、同じ素材を使用しているデジタル教材、チエル発行の「小学校の見せて教える社会科5年」ともコラボしており、併せて使用することでさらに効果的な指導が期待できるという。今回は5年生版であるが、6年生版の発行も決定した。

◆社会科の達人が推薦する「社会科重要資料の指導法5年生30選」
仕様:A4版/80ページ/カバー付き/カラー版
定価:1,200円+税
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科教授)
編著:新保元康(北海道札幌市立札幌西小学校校長)、佐藤正寿(岩手県奥州市常磐小学校副校長)
発行所:教育同人社
発行日:2015年3月1日初版
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)