【高校野球】春のセンバツ、組合せ決定

趣味・娯楽 スポーツ

組み合わせ表
  • 組み合わせ表
  • 出場校
 第87回選抜高等学校野球大会の組み合わせ抽選会が3月13日、毎日新聞大阪本社で行われ、32校の初戦16試合の組み合わせが決定した。大会は3月21日より12日間、阪神甲子園球場で開催される。

 開会式は3月21日9時より行い、選手宣誓は敦賀気比の篠原涼主将が務める。行進曲は「Let It Go~ありのままで~」。大会期間は、3月21日より4月1日までの12日間(準々決勝翌日の休養日を含む、雨天順延)。試合は1日に3ゲームずつ行われる。今大会の21世紀枠は、豊橋工(愛知)と桐蔭(和歌山)、松山東(愛媛)の3校。

◆第87回選抜高等学校野球大会
【第1日】
九州学院(熊本)-八戸学院光星(青森)
大阪桐蔭(大阪)-東海大菅生(東京)
常総学院(茨城)-米子北(鳥取)

【第2日】
今治西(愛媛)-桐蔭(和歌山)
立命館宇治(京都)-静岡(静岡)
木更津総合(千葉)-岡山理大付(岡山)

【第3日】
奈良大付(奈良)-敦賀気比(福井)
仙台育英(宮城)-神村学園(鹿児島)
浦和学院(埼玉)-龍谷大平安(京都)

【第4日】
英明(香川)-大曲工(秋田)
県岐阜商(岐阜)-松商学園(長野)
近江(滋賀)-九産大九州(福岡)

【第5日】
糸満(沖縄)-天理(奈良)
宇部鴻城(山口)-高崎健康福祉大高崎(群馬)
二松学舎大付(東京)-松山東(愛媛)

【第6日】
東海大四(北海道)-豊橋工(愛知)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)