Google Play、子ども・ティーン・成人ごとの年齢別レーティングを導入

デジタル生活 ソフト・アプリ

各地域におけるレーティングの表示イメージ
  • 各地域におけるレーティングの表示イメージ
  • 現時点の日本のGoogle Playアプリ。レーティングは表示されていない
 Googleは18日、「Google Play」において、アプリやゲームを年齢別にレーティングする新しい制度を導入した。

 開発者は、アンケート項目に回答することで、アプリやゲームに対して客観的なコンテンツレーティングを無料で設定できる。これにより、子ども、ティーンエージャー、成人について、各国の状況にあわせてレーティングを行えるという。入力を済ませていないアプリは「レーティングなし」と表示され、特定の地域やユーザーに対してブロックされる可能性がある。なお5月からは、新規・既存を問わず、すべてのアプリは公開前にこのプロセスを完了させる必要がある。

 この新レーティング制度は、業界標準ともいえる「International Age Rating Coalition(IARC)」および参加団体による公式レーティングに基づいているとのこと。なお、特定レーティング機関のない国・地域では、一般的な年齢別レーティングが適用される。今後、数週間をかけて、世界中のユーザーに適用される予定だ。

Google Play、アプリ・ゲームを年齢別レーティングする新制度を導入

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)