日本最大級の屋外鉄道イベント「万博鉄道まつり2015」3/21・22

趣味・娯楽 その他

万博鉄道まつり2015
  • 万博鉄道まつり2015
  • 出展企業(鉄道展示ゾーン)
  • 出展企業(旅情示ゾーン)
  • ステージスケジュール
  • ガイドマップ
  • 万博記念公園 ホームページ
 大阪府の万博記念公園は、3月21日と22日に「万博鉄道まつり2015」を開催する。全国から約40社の鉄道会社が参加し、乗り物コーナー、ステージショー、駅弁や鉄道グッズの販売など、親子で1日鉄道の魅力を楽しめるイベントとなっている。

 「万博鉄道まつり」は平成24年より開催され、今年で4回目。日本最大級の屋外鉄道イベントで、これまでに延べ16万人が来場したという。今年は関西の鉄道会社のほか、関東の私鉄各社など全国から約40社が参加する。

 当日は会場となる公園内が6つのゾーンにわかれ、鉄道にまつわるさまざまな催しが行われる。「鉄道展示ゾーン」のメインステージでは、ゲストによる鉄道トークショーやライブ、鉄道部品のオークションなどを開催。ミニ新幹線やミニ阪急電車に乗車できる無料の乗り物コーナーや、鉄道各社の子ども用制服を着て撮影できるコーナーもある。 「旅情ゾーン」では、迫力満点のミニSLに乗車できるほか、人気の駅弁や全国のお土産を販売。「プレミアムゾーン」(別途入場料が必要)では、プラレールで自由に遊べる広場や、懐かしい鉄道コレクションの展示、模型列車の運転体験コーナーなどがある。そのほか、鉄道おもちゃや鉄道くじなども販売している。

 また、今年は初めて「スタンプラリー」を開催。参加者には鉄道各社提供のノベルティグッズと、映画「劇場版ムーミン 南の島で楽しいバカンス」のステッカーなどがプレゼントされるという。

◆万博鉄道まつり2015
日時:3月21日(土・祝)、22日(日)9:30~16:30
 ※小雨決行、荒天中止
会場:万博記念公園 自然文化園(大阪府吹田市)
入園料:大人250円、小中学生70円
 ※別途入場料、利用料が必要なものもあり
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)