【学校ニュース】昭和大学、文教大学、法政大学

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。3月27日は昭和大学、文教大学、法政大学の情報を紹介する。法政大学が「グローバルMBAプログラム(GMBA)」を開設など。

・【昭和大学】昭和大学が、学校法人恵泉女学園と教育研究協力に関する包括協定を締結――教養教育と園芸・自然環境をめぐる教育・研究に関する事業の発展を目指す
 昭和大学(東京都品川区/理事長 小口勝司)は3月25日付で、恵泉女学園(東京都世田谷区/理事長 宗雪雅幸)と教育研究協力に関する包括協定を締結した。今後は、それぞれの特色を生かした連携を通じて、教養教育および園芸・自然環境をめぐる教育・研究に関する事業の発展を目指す。

・【文教大学】文教大学学園が大学新キャンパス用地を都内足立区花畑に取得
 文教大学学園は3月25日、独立行政法人都市再生機構(UR)との間で、同機構が東京都足立区花畑に保有する土地約47,300平方メートルの譲渡に関する契約を締結した。

・【法政大学】法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科に全て英語で受講できる「グローバルMBAプログラム(GMBA)」を開設
 法政大学(総長:田中優子)は、経営大学院イノベーション・マネジメント研究科に、英語で日本と日本企業の経営を学び、平日夜間と土曜の通学1.5年で修了するグローバル MBAプログラム(GMBA)を設置する。

・【法政大学】新入生の悩みを先輩が聞きます「新入生サポーター」が特設ブース開設~4月3日入学式当日も開催――法政大学
 法政大学では、学習ステーション(ステーション長/木原章経営学部教授)の学生スタッフ「新入生サポーター」による新入生の相談対応を下記の日程で行う。「新入生サポーター」は新入生が入学して、初めての授業登録を終えるまでの間、先輩学生アシスタントが特設ブースで、新入生のキャンパスライフのスタートアップをサポートするもの。大学施設から履修要綱の読み方、時間割の組み方など多岐に渡る相談を受け、先輩の経験談や、対応する事務窓口の紹介を行う。2014年度の相談件数は、延べ1,456人(4/1~4/18)だった。

・【法政大学】入学式当日に、新入生の父母・保証人向けの「キャリアセンターガイダンス」「公務員講座ガイダンス」「会計専門職ガイダンス」を開催――法政大学
 法政大学は4月3日、新入生の父母・保証人向けの「キャリアセンターガイダンス」「公務員講座ガイダンス」「会計専門職講座ガイダンス」を開催する。今回(2015年度)は2014年度に続いて4回目となる。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)