【学校ニュース】学習院、白百合女子、理科大、金工大、京産大、龍谷大、学院大、大工大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。4月3日は学習院大学、白百合女子大学、東京理科大学、金沢工業大学、京都産業大学、龍谷大学、大阪学院大学、大阪工業大学の情報を紹介する。

・【学習院大学】学習院大学が日本女子大学と「アジア短期研修に関する協定書」を締結――両大学が共同運営する夏期短期研修がスタート
 2014年12月、学習院大学は日本女子大学との間に「アジア短期研修に関する協定書」(大学間協定)を締結。4月1日より発効した。同協定書に基づき、今夏より学習院大学と日本女子大学が共同で運営する夏期アジア短期研修を実施する。複数の大学が協力して短期研修の派遣先を融通する試みは珍しい。

・【白百合女子大学】白百合女子大学がANAエアラインスクールとの連携授業を開始――ANAビジネスソリューションと教育連携協定を締結
 白百合女子大学は3月23日、ANAビジネスソリューションと、大学授業における教育連携協定を締結。同社が運営する「ANAエアラインスクール」との連携授業を本格的に開始することとなった。同社とは以前より協力関係にあったが、今回の協定により、これまでにない特色ある教育プログラムの展開が可能となる。座学だけではなく、ANA羽田空港での実務体験も行う予定。

・【東京理科大学】高校生が大学の学食メニューを新提案――東京理科大学の学食で「葛鹿ロコモコ丼」を試験販売
 東京理科大学は、東京都立葛飾商業高校(葛飾区)とのコラボメニュー「葛鹿ロコモコ丼」を、葛飾キャンパスの学食で4月3日に試験販売する。

・【金沢工業大学】[金沢市と金沢工業大学の連携事業]学生の視点から金沢の建築散策の面白さを伝える「ケンチクサンポ」vol.3、vol.4が完成――金沢駅観光案内所を中心に配布
 建築を学ぶ学生の視点で、金沢の建築や、まちなみの魅力を紹介する人気散策マップ「カナザワケンチクサンポ」の第3弾、第4弾がこのたび完成した。これは、金沢工業大学と金沢市が連携する「金沢の建築文化発信事業」の一環で行われているもの。「学生ならではの視点で金沢を見つめなおし、新たな発見を重ねる小さい旅行」がコンセプトで、金沢工業大学建築デザイン学科宮下研究室が中心となり制作している。

・【金沢工業大学】金沢工業大学 環境・建築学部建築学科 土田義郎教授の研究室が「金沢茶室案内」を試作――金沢の「まち歩き」の新たな楽しみ方を提案
 金沢工業大学 建築学科 土田研究室(専門分野 サウンドスケープ[音風景])ではこのたび、金沢の「まち歩き」の新たな楽しみ方を提案する「金沢茶室案内」を試作した。土田研究室では、金沢工業大学「空間情報プロジェクト」の一環として「音風景プロジェクト」を推進。数年にわたるテーマとして、茶室とその環境によって形成されるサウンドスケープについて調査・研究を進めていく中で、「茶室空間」を詳細に調査することになった。

・【京都産業大学】京都産業大学と三重県いなべ市との連携協力による地域振興のための取り組み――京都産業大学法学部生によるグリーン・ツーリズムの推進のための空き家活用策の提案
 京都産業大学では連携協定を締結している三重県いなべ市において、行政・地域と協働し、「空き家の現状」について、学生が参加して実地調査を実施。「ライブハウス」や「空き家ウェディング」など学生目線での「空き家活用策」を提案した。

・【龍谷大学】龍谷大学農学部1期生約400名が入学――入学式に滋賀県知事、大津市長等が出席
 龍谷大学(本部:京都市伏見区、学長:赤松徹眞)は、4月1日、2日の2日間にわたり入学式を挙行した。今年度は、新設する農学部の1期生約400名が入学し、入学式には三日月大造・滋賀県知事と越直美・大津市長が出席するなど、農学部に対する地元の期待の大きさが伺える。また、深草キャンパスへ移転し、改組した国際学部には、新設するグローバルスタディーズ学科の留学提携校の一つである、ニュージーランド・ワイカト大学教育学部長(学長代理)のロージャー モルツェン氏が出席した。

・【大阪学院大学】大阪学院大学が4月4日に入学式を挙行――高橋尚子が新入生に祝辞を贈る
 大阪学院大学(大阪府吹田市)は、4月4日に平成27年度入学式を挙行。式典には同大陸上競技部OG(平成7年商学部卒)で、現在は同大特任教授を務めるシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子が出席し、新入生たちに祝辞を贈る。

・【大阪工業大学】大阪工業大学が4月7日にミュンヘン工科大学のトーマス・ボック教授を招き特別講演会「社会が求めるロボティクス&デザイン」を開催
 大阪工業大学(大阪市旭区、学長:井上正崇)ロボティクス&デザインセンター(センター長:本田幸夫)は4月7日、ミュンヘン工科大学建築学部のトーマス・ボック教授(Prof. Dr.-Ing. Thomas Bock)を招き、特別講演会「社会が求めるロボティクス&デザイン」を開催する。参加費無料、要事前申込み。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)