東京都「中学生の主張」作文募集7/13締切

教育・受験 その他

前年度の東京大会の様子
  • 前年度の東京大会の様子
  • 前年度の全国大会の様子
 東京都とこころの東京革命協会は、都内に在住または在学中の中学生を対象に自ら考えたことや感動したことなどをまとめた作文を募集する。今回の募集は「少年の主張全国大会」の東京都代表の選考を兼ねる。締切りは7月13日(必着)。

 子どもの正義感や倫理観、思いやりの心を育み、人が生きていくうえで当然の心得を伝えていく「こころの東京革命」推進の一環として、中学生から作文を募集する。題名は自由で、家族や地域とのふれあいを通して感じたことや嬉しかったこと、部活動やボランティア活動などの体験を通して成長したことや学んだことなどを400字詰めの原稿用紙4枚程度にまとめる。

 審査にて優れた10作品を決定し、9月6日に都庁で「第37回 少年の主張全国大会」の東京都代表を決定する東京都代表選考会を開催する。選考会では審査で選ばれた10名の中学生が作品発表を行い、知事賞1名と教育委員会賞2名、会長賞7名を決定する。知事賞受賞者は「少年の主張全国大会」東京都代表に推薦される。

 選考会に向けた募集は7月13日に締め切るが、より多くの中学生に取り組んでもらうため、9月7日到着分まで募集を受け付け、優秀作品には「会長特別賞」を贈呈する。また、受賞作品を掲載した発表文集を発行し、平成27年度末に都内各中学校に配布する。

 応募方法や提出先などの詳細情報は、東京都のホームページを参照のこと。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)