【夏休み】阪急阪神で43の体験学習…参加小学生2,501人募集

教育・受験 学習

過去のプログラム参加のようす
  • 過去のプログラム参加のようす
  • 過去のプログラム参加のようす
  • 過去のプログラム参加のようす
  • 阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2015
 阪急阪神ホールディングスグループは、7月23日から8月27日の夏休み期間、小学生の新たなチャレンジを応援する体験学習プログラム「阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2015」を実施。6月12日より、各プログラムの参加小学生計2,501人を募集する。

 同イベントは、「未来にわたり住みたいまちづくり」を目指す阪急阪神グループの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として、次世代を担う子どもたちの育成を目的に2010年より開催しているもの。

 毎年、同社グループの事業や施設、人材を活かした、鉄道、都市交通、不動産、スポーツ・レジャー、旅行、ホテルなどの体験プログラムを企画している。

 6回目となる今回は、宝塚歌劇の小道具製作体験、4月に開業した「阪神電車まなび基地」の見学、大型作業機械(マルチプルタイタンパー)を利用した鉄道の保線作業の実習など、新たに7件を加えたグループ各社39のプログラムと、沿線市民団体の協力を得て行う「ゆめ・まちフェスティバル」での4プログラムの合計全43プログラムを用意し、総勢2,501人の小学生に学びの機会を提供する。

 参加対象は小学生で保護者の同伴が必要。参加費は無料だが、有料施設で実施する一部のプログラムについては、同伴者の利用料が必要となる。参加申込みはホームページの専用フォームにて6月22日まで受け付ける。

◆阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊2015
開催期間:7月23日(木)~8月27日(木)
会場・日時:各イベントにより異なるため要確認
対象:小学生 ※保護者同伴必須
募集人数:2,501人(ゆめ・まちフェスティバルも含む)※応募多数の場合は抽選
参加費:小学生無料 ※有料施設で行われる1部プログラムは同伴者のみ必要
応募方法:Webサイトの専用フォームより申し込む
応募期間:6月12日(金)~6月22日(月)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)