早稲田大、単位が取得できる「高校生特別聴講制度」夏募集

教育・受験 学習

2012年度 高校生への開放科目一覧【夏季集中・秋学期・秋学期(前半)】
  • 2012年度 高校生への開放科目一覧【夏季集中・秋学期・秋学期(前半)】
  • 2012年度 高校生への開放科目一覧【夏季集中・秋学期・秋学期(前半)】
  • 2012年度 高校生への開放科目一覧【夏季集中・秋学期・秋学期(前半)】
  • 2012年度 高校生への開放科目一覧【夏季集中・秋学期・秋学期(前半)】
 早稲田大学オープン教育センターでは、高校生に大学の正規授業を開放する「高校生特別聴講制度」の2012年夏募集について発表した。6月4日より出願の受け付けを開始する。

 早稲田大学では、進路決定や学問への関心の手助けにするため正規授業を高校生が受講できる制度を導入している。受講科目で試験を受け、所定の成績を修めれば、高校在学中に単位が取得でき、同大学に進学した際に単位認定されるほか、他大学でも入学前単位認定を定めている場合には、認定が可能となるという。

 受講生は、早稲田大学オープン教育センター特別聴講学生という扱いになり、通常週1回90分の授業を大学生と一緒に受講する。対象科目は、同大学の学部や研究教育センターが設置する正規科目のうち、「高校生への開放科目一覧」として設定されるものに限られる。

 今回、募集するのは、夏季集中・秋学期・秋学期(前半)の29科目。法学部、教育学部、文学部、文化構想学部の秋学期(後期)科目の他、メディアネットワークセンター、オープン教育センターなどの科目となっている。そのうち7科目については、インターネットを通じて受講するフルオンデマンド型科目となる。

 受講の対象となるのは、国内の一般高等学校、早稲田大学附属高校・系属高校、もしくは連携モデル校の2年生または3年生に在籍し、所属校長の推薦のある人。1科目あたりの募集は若干名で、全体で約100名の募集となる。

 出願にあたっては、志望理由書などを記載する志願票(ホームページよりダウンロード可)が必要となり、郵送により受け付ける。出願にあたっての検定料は無料。出願期間は6月4日から18日まで、書類選考の後、合格者は7月4日に所属高校宛に通知される。なお、受講料は1単位あたり文系科目が8,000円、理系科目が10,000円となっている。

◆高校生特別聴講制度 2012年度夏募集出願要領
募集人員・選考方法:約100名 ※1科目あたり若干名。出願書類により選考
対象者:聴講する年度の4月時点で、日本国内の一般高等学校、早稲田大学附属高校・系属高校、もしくは連携モデル校の2年生または3年生に在籍する者で、所属校長の推薦のある人
 ※出願可能な科目数は1回の募集につき1科目まで
 ※春募集時に通年科目を履修している場合、夏募集への応募は不可
出願書類:志願票A(志望理由書)、志願票B(誓約書・保証書、同意書)、志願票C(学生個人記録)、志願票D(大学・高校との協定書、連絡窓口)
出願期間:6月4日(月)〜6月18日(月)※締切日消印有効
出願方法:志願書類を簡易書留にて郵送
宛先:
 〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1-104
   早稲田大学オープン教育センター高校生特別聴講制度係
受講費用:
・検定料(選考料)は免除
・聴講料は1単位あたり文系科目8,000円、理系科目10,000円(一部科目で実験実習料別途必要となることがある)
その他費用:教科書・テキスト・交通費等は自己負担
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)