五味太郎氏の絵本シリーズ「かんじのぼうけん」が4冊同時刊行、3/15

教育・受験 学習

旺文社・かんじのぼうけんシリーズ
  • 旺文社・かんじのぼうけんシリーズ
  • 旺文社・かんじのぼうけんシリーズ
 旺文社は、絵本作家の五味太郎氏が漢字を部首ごとにまとめた絵本「かんじのぼうけん」シリーズを3月15日に発売すると発表。「にんべん」「さんずい」「きへん」「てへん」の4冊を同時刊行する。

 同シリーズは、同じ部首の漢字だけをイラストといっしょにまとめた絵本。同じ部首の漢字が画数順に掲載されているため、パラパラめくるだけでも、なかまの漢字を覚えることができ、部首や画数を意識することで、子どもたちにとって少し難しい「漢和辞典」を引く練習にもなるという。

 また、約70字の漢字すべてに、五味太郎氏のカラーイラストとコメントを収録。漢字と漢字をイメージする絵を併せて覚えられるため、楽しみながら漢字の学習ができるという。

 今回刊行する「にんべん」「さんずい」「きへん」「てへん」は、常用漢字を部首別に分けたとき、所属する漢字の数が最も多い部首だという。各本には、小学生~中学生で習う常用漢字を約100字ずつ収録。読み方・意味・画数・熟語・漢字の成り立ちを掲載し、楽しみながらもしっかり学習できる内容となっている。

 また、付録として小学校6年間で習う漢字(1006字)を学年ごとに掲載。本書に掲載されている漢字には色を付け、勉強した漢字がひ一目でわかるようになっている。さらに、五味氏オリジナルの「○○へん」コラムを1冊に3編収録。部首に関する話題が、五味氏独自の視点で書かれており、大人が読んでも楽しいコラムとなっているようだ。

◆かんじのぼうけんシリーズ
タイトル:
かんじのぼうけん(1)にんべん
かんじのぼうけん(2)さんずい
かんじのぼうけん(3)きへん
かんじのぼうけん(4)てへん
発行:旺文社
刊行日:3月15日(金)
定価:各882円
著者:五味太郎
漢字監修:高橋久子(東京学芸大学教授)、谷部弘子(東京学芸大学教授)
体裁:B7変判/各192ページ
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)