サムスン、エントリークラスの9.6型Androidタブレット発表

デジタル生活 モバイル

9.6インチディスプレイにAndroid 4.4搭載の「Galaxy Tab E」
  • 9.6インチディスプレイにAndroid 4.4搭載の「Galaxy Tab E」
  • 背面カメラは500万画素
 サムスン電子は15日(現地時間)、9.6インチ液晶を搭載したAndroidタブレット「Galaxy Tab E」を発表した。7月1日に台湾で発売され、価格は6,990台湾ドル(約28,000円)。

 ディスプレイは9.6インチ(1,280×800ピクセル)、OSはAndroid 4.4、プロセッサは1.3GHzのクアッドコア、メモリ1.5GB、ストレージ8GBという比較的低価格のエントリークラスのタブレット。カメラは500万画素/200万画素。

 Wi-Fiモデルで、IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0に対応。Microsoft Officeも使えるという。バッテリは5,000mAhで、本体サイズは幅149.5mm×高さ241.9mm×奥行8.5mm、重量は490g。

サムスン、低価格なエントリークラスの9.6型タブレット「Galaxy Tab E」

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)