東京おもちゃショー2015、新幹線おもちゃのトレンドは「5色プラス1」

趣味・娯楽 その他

トレーン(東京都墨田区)のNゲージダイキャストモデル
  • トレーン(東京都墨田区)のNゲージダイキャストモデル
  • パイロットインキ(愛知県名古屋市)の水陸両用トレイン
  • 増田屋コーポレーション(東京都台東区)のパネルワールド
  • トレーン(東京都墨田区)のNゲージダイキャストモデル
  • トレーン(東京都墨田区)のNゲージダイキャストモデル
  • 増田屋コーポレーション(東京都台東区)のハイメカ サウンド新幹線シリーズ
  • パイロットインキ(愛知県名古屋市)の水陸両用トレイン
  • アサミズカンパニー(千葉県柏市)の鉄道グッズ
東京おもちゃショー2015(東京ビッグサイト、6月18~21日)では、各社が新幹線おもちゃの新作を展示。ことしは“北陸新幹線モノ”が目立ったが、どのメーカーも「ヒットを期待しているが(既存の)ドクターイエローにはかなわないかも」と苦笑い。

新幹線おもちゃを扱うメーカーのブースを見てまわると、そのほとんどが“5色展開”だ。「こまち」などで活躍する赤いE6系と「はやぶさ」などの緑のE5系、「のぞみ」の白いN700系、ドクターイエロー、そして「かがやき」などのアイボリーE7系・W7系だ。どのメーカーの担当者も「子どもたちにいま人気の5車種」という。

こうしたなか、各社はそれぞれ「プラス、ウチのイチオシ」を提案。トレーンは9月発売予定の新作「紫ラインの北海道新幹線向けH5系」を展示。「型はE5系といっしょだから、紫のラインを入れるだけだけど、認可などに時間もかかる」と担当者は話していた。

増田屋コーポレーションは、レールをパズル感覚で組む「パネルワールド」を展示。「レールではなくパズルにすることで、他社と差別化。子どもたちの思考力を育むおもちゃとして売る」と担当者は話していた。

また、N700系の進化版となる「N700A」をモチーフにしたアイテムを新作として展示するメーカーが複数あった。担当者は「おもちゃの世界では、ボディに『A』というイラストが入るだけだけど、ファンはその“小さな違い”で買っていく」と話していた。

【東京おもちゃショー15】新幹線おもちゃのトレンドは「5色プラス1」[フォトレポート]

《大野雅人@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)