2020年に向け…障がい者スポーツドキュメンタリー制作決定

趣味・娯楽 スポーツ

パラリンピック 車いす競技
  • パラリンピック 車いす競技
WOWOWと国際パラリンピック委員会は、障がい者スポーツ界で活躍するトップアスリートの姿に迫る「 障がい者スポーツドキュメンタリーシリーズ(2016~2020年度)」の制作を決定した。

同プロジェクトは、2020年に向け、5年間に渡り実施を計画。今年度から企画開発に着手する。番組では、障がい者アスリートの物語に焦点を当てながら、彼らが2016年リオデジャネイロ夏季大会、2018年平昌冬季大会、そして2020年東京夏季大会を目指す過程を描く。

7月にイギリスのグラスゴーで開催される「国際パラリンピック委員会世界水泳選手権大会」から、撮影をスタート。番組は、WOWOWで2016年度から放送予定だ。

国際パラリンピック委員会のフィリップ・クレイヴァン会長は、「障がい者アスリートは、パラリンピックムーブメントの核心です。そして、彼らのパフォーマンスや物語は、パラリンピックを広く社会に浸透させる触媒になると考えています。このドキュメンタリーシリーズにより、日本国内で障がい者スポーツがかつてない規模で広がりをみせることでしょう」と語る。

WOWOWの和崎信哉会長は、「私たちの周りには、障がい者と健常者、男性と女性、若者と高齢者、日本人と外国人などの違いや壁が存在しますが、"エンターテインメント"には、そのボーダーを超える力があると信じています。障がい者スポーツの新しい魅力をお届けすることで、パラリンピックムーブメントを支援していきたいと思っています」とコメントしている。

パラリンピック×WOWOW…障がい者スポーツドキュメンタリー制作決定

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)