平成28年の保健師・助産師・看護師国家試験の実施要項

教育・受験 受験

厚生労働省「資格・試験情報」
  • 厚生労働省「資格・試験情報」
  • 厚生労働省
 厚生労働省は8月3日、保健師、助産師、看護師国家試験の実施日と試験地、試験科目などの実施要項を発表した。試験日は、保健師が平成28年2月16日、助産師が2月17日、看護師が2月14日。合格発表はいずれの試験も3月25日午後2時に実施する。

 第102回保健師国家試験は、平成28年2月16日に北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で行う。試験科目は、公衆衛生看護学と、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論。

 第99回助産師国家試験は、平成28年2月17日に北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で行う。試験科目は、基礎助産学と、助産診断・技術学、地域母子保健、助産管理。

 第105回看護師国家試験は、平成28年2月14日に北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県で行う。試験科目は、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論、看護の統合と実践。

 受験に関する書類は、いずれの試験も平成27年11月20日~12月11日に試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局で受け付ける。受験願書を含め、受験手続きに必要な書類は各学校養成所において入手できるほか、各地方厚生(支)局や厚生労働省からも入手できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)