夏目漱石、向田邦子…名作文学の奇妙でカワイイ漫画集8/25刊行

趣味・娯楽 その他

「marble ramble 名作文学漫画集」
  • 「marble ramble 名作文学漫画集」
  • 佐藤春夫の「蝗の大旅行」
  • 佐藤春夫の「蝗の大旅行」
  • 佐藤春夫の「蝗の大旅行」
  • 向田邦子「鮒」
  • 向田邦子「鮒」
  • シリーズ作品「Ebony and Irony 短編文学漫画集」
  • 解説小冊子中面サンプル
 パイ インターナショナルは、8月25日、イラストレーター長崎訓子が古今東西の名作文学を漫画化したコミック「marble ramble 名作文学漫画集」を刊行する。夏目漱石や向田邦子、モーパッサンなどを収録した短編文学集だ。

 同書は、「チーズはどこへ消えた?」「金持ち父さん貧乏父さん」「億男」などの挿画を手掛けるイラストレーターの長崎訓子が、古今東西の奇妙奇天烈な名作文学を漫画化した短編文学集。夏目漱石の「変な音」、佐藤春夫の「蝗の大旅行」、モーパッサンの「髪」、梅崎春生の「猫の話」、向田邦子の「鮒」など、11の名作文学が読みやすい漫画となって収録されている。

 同書の発売に合わせ、東京と京都では著者の長崎訓子が参加するトークショーが行われるほか、8月25日~9月2日の期間中、東京・代々木上原にて同書の原画展も開催される。また、首都圏の書店などを中心に、一部店舗では著者書き下ろしの8ページ解説小冊子も配布される。

 「marble ramble 名作文学漫画集」は、A5判、定価1,600円(税抜)にて販売される。なお、同書のシリーズ作品「Ebony and Irony 短編文学漫画集」も刊行しており、こちらでは、太宰治、川端康成、夢野久作、倉橋由美子などの奇怪で皮肉まじりの往年の名作小説を長崎訓子がコミック化している。

◆「marble ramble 名作文学漫画集」発売記念イベント
【下北沢B&B 発売記念トークショー】
日時:9月2日(水)19:30開場 20:00開始
参加費:1,500円+ドリンク代500円
会場:下北沢B&B(東京都)
イベント内容:漫画家の衿沢世衣子氏をゲストに、著者とイラストレーションや漫画などについてのトークショーを実施予定。イベント詳細やチケット予約方法は、後日B&BのWebサイトにて発表
【恵文社COTTAGE 発売記念 1日限定原画展&トークショー】
日時:9月4日(金)18:00開場 18:30開始 (※原画展は11:00~17:30)
参加費:1,500円(原画展は無料)
会場:恵文社COTTAGE(京都)
イベント内容:本書デザイナー大島依提亜氏をゲストに、著者と、造本やデザイン、イラストレーションについてトークショーを実施予定。チケット予約は恵文社COTTAGEのWebサイト専用フォームより申し込む
【原画展】
期間:8月25日(火)~9月2日(水)
会場:代々木上原パールブックス&ギャラリー
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)