家族や友人と居場所を共有できる新アプリ「LINE HERE」開始

デジタル生活 ソフト・アプリ

「LINE HERE」利用イメージ画面
  • 「LINE HERE」利用イメージ画面
  • 「LINE HERE」利用イメージ画面
 LINEは19日、リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」の提供を開始した。利用料金は無料で、LINEまたはFacebookのアカウントが必要。アプリはAndroid端末およびiOS端末に対応する。

 「LINE HERE」は、友人・家族・グループなどアプリをインストールしているユーザー同士で、お互いの居場所を共有できるサービス。位置情報を共有したい相手に招待URLを送信し、相手が承諾すると、お互いのアイコンが地図上に表示されるようになる。ユーザーが移動すると連動してアイコンも移動する。自身の位置情報共有は、任意で一時的にオフにすることも可能。

 共有は、グループ(シェアルーム)内でのみ行われる。複数のシェアルームを作成でき、それぞれ200人までが参加可能。現在地以外に、自宅・学校・会社など頻繁に訪れる場所や目標地点を設定することもでき、メンバーが指定した場所に近づいたりした際に、プッシュ通知を受け取ることが可能。これにより子どもや高齢者の位置把握などにも使えるという。位置情報の共有期間は、最大24時間まででタイマー設定ができる。

LINE、お互いの居場所を共有できる新アプリ「LINE HERE」公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)