東京ディズニーセレブレーションホテル、2016年6月に誕生

趣味・娯楽 その他

東京ディズニーセレブレーションホテル ロビーのイメージ (C)Disney
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル ロビーのイメージ (C)Disney
 日本で4番目となる新たなディズニーホテル「東京 ディズニーセレブレーションホテル」が、東京ディズニーリゾート近くの新浦安エリアに開発されることが発表された。

 このホテルは、新浦安エリアで展開するパーム&ファウンテンテラスホテルを活用し、2016年6月(予定)に宿泊特化型のディズニーホテルとしてオープンする。

 現在、「ディズニーアンバサダーホテル」をはじめとする既存の3つのディズニーホテルは、年間90%を超える宿泊稼働率で推移している。こうした状況から、極めて需要の高いディズニーホテルへ1人でも多くのゲストにご滞在して欲しいという想いで開発を決定したという。

 東京ディズニーセレブレーションホテルでは、新たなコンセプトとして、客室はもちろんロビーや中庭など、ホテル館内に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを彷彿とさせる装飾を施す。これにより、ゲストはパークで過ごした時間を思い返し、途切れることのない東京ディズニーリゾートでの非日常感のある体験を提供する。

 東京ディズニーセレブレーションホテルは、魅力にあふれたホテルでありながら、 施設を宿泊に特化させ、サービスの一部を簡易なスタイルとすることで、より手軽なリゾート ステイを実現させるのが狙いだ。

 また、パーム&ファウンテンテラスホテルは今回のオープンに伴い、ファウンテンテラス ホテルを2016年2月27日をもって閉館、パームテラスホテルを2016年6月1日をもって閉館する。 オープン後の経営・運営については、引き続き株式会社ブライトンコーポレーションが行う。

新たなディズニーホテルが来年6月に誕生、パークの装飾を施した館内に

《non@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)