ハリー・ポッター新シリーズは70年前の米国が舞台、2016年日本公開

「ハリーポッター」シリーズの映画最新プロジェクトが進行中だ。日本語タイトルは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に正式決定した。日本でも2016年に公開予定だ。

趣味・娯楽 その他
ハリー・ポッター新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 2016年日本公開
  • ハリー・ポッター新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 2016年日本公開
  • 作者 J.K.ローリング (Photo by Ben Pruchnie/Getty Images)
  • ニュート・スキャマンダー役 エディ・レッドメイン (Photo by Jason Merritt/Getty Images)
  • キャサリン・ウォータースト  (Photo by John Phillips/Getty Images)
  • デイビッド・イェーツ監督  (Photo by Stephen Lovekin/Getty Images)
英国の作家・J.K.ローリングが描くベストセラー小説「ハリーポッター」シリーズの映画最新プロジェクトが進行中だ。『ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題):Fantastic Beasts and Where to Find Them』が2016年11月18日より世界各地で順次公開となる。日本でも2016年に公開予定だ。
このたび本作の邦題が正式に決定した。日本語タイトルは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。アメリカやイギリスなど半数以上の国は、原題『Fantastic Beasts and Where to Find Them』(直訳:幻の動物とその生息地)を採用したが、日本を含む12か国が独自のタイトルを採用した。

原作は、ハリー・ポッターシリーズの原作者J.K.ローリングの著書『幻の動物とその生息地(Fantastic Beasts and Where to Find Them)』。原作者J.K.ローリングが初めて映画の脚本に参加し、書き下ろしの物語が描かれる。
映画では、第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』から約70年前のアメリカが舞台となる。新たな主人公となるのは、ハリー・ポッターたちが魔法学校の授業で使っていた教科書“幻の動物とその生息地”を編纂した魔法使い。どのような活躍を見せてくれるか期待が高まる。

主人公のニュート・スキャマンダー役に抜擢されたのは、『彼女と博士のセオリー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメイン。本作では、旅先で発見した幻獣たちを記録したのちニューヨークにたどりつく、魔法界きっての魔法動物学者を演じる。
またヒロインのキャサリン・ウォータースト、コリン・ファレルといった名俳優が魔法使い役として登場予定だ。

スタッフは「ハリー・ポッター」シリーズの主要スタッフが再集結する。監督はシリーズ5~8作の監督を務めたデイビッド・イェーツ、プロデューサーは全8作品を手がけたデイビッド・ヘイマンが続投する。「ハリー・ポッター」シリーズの正統なるつくり手たちによる新たな物語に注目だ。

ハリー・ポッター新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 2016年日本公開

《沖本茂義》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)