明光、賃金未払いや労働時間管理の適正化に向けた取組みを公表

教育・受験 その他

明光ネットワークジャパン
  • 明光ネットワークジャパン
  • 明光義塾
 明光義塾を運営する明光ネットワークジャパンは11月27日、アルバイト講師に対する業務時間の管理や賃金の支払いが適正でないと指摘された問題を受けて、実態調査と適正化に向けた取組みを実施すると発表した。

 明光ネットワークジャパンは、6月8日に労働組合「個別指導塾ユニオン」から、明光義塾のフランチャイズ加盟社であるワールドオーエーの従業員に関し未払い賃金が存在するとの主張がなされたと公表、団体交渉を継続している。個別指導塾ユニオンでは、教室で行われる授業前の準備や授業後の報告など、授業以外の労働に対して賃金が支払われていないと主張している。

 また、10月6日には仙台労働基準監督署より、直営教室に勤務する講師1名に対して賃金が一部未払いとなっていると是正勧告を受けた。

 明光ネットワークジャパンはこれらの指摘を受け、授業以外の業務時間の管理・運営と賃金の支払いの適正化に向けた取組みを公表した。

 労働時間管理・賃金支払いに関しては、直営全教室のアルバイト講師に対して、11月~12月(予定)に面談を実施し、勤怠履歴などの確認を通じて勤務実態を明確にする。不適切な時間管理や賃金支払いが判明した場合、改善・支払いを行う。

 労働時間管理に関しては、勤務時間の正確な把握、管理方法の改善などの適正化を徹底する。

 フランチャイズ契約を締結している各社の明光義塾の教室においても、賃金の不払いや労働時間管理の改善に向け指導を強化する。

 また、仙台の直営教室への是正勧告については、すでに対象者の同意のもと適正な賃金を支払い解決をしており、支払いによる業績への影響はないとしているが、今回の取組みによる調査は11月27日時点で実施中のため、業績に与える影響は不明としている。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)